町いちばんの繁盛店づくりのために
年間行事
 「お客様の笑顔」との出会いの場は、いつも新鮮な臨場感。ようこそ、ワクワク&ドキドキの感動のステージへ。お客様に寄り添う僕らが主役です。

 お客様にとって「かけがえのない一台」をお届けして、卓越した技術でお守りしていきます。

 目指すは、「快適なカーライフ」の最高のパートナー。そんなネッツトヨタ長崎と一緒に歩んでみませんか。
目指す店舗像
 私たちは、ふるさと長崎で育てていただき、幅広い世代のお客様のご支持をいただいて、2018年11月で創業50年の歴史を刻むことができました。そして次の半世紀への新たな挑戦が始まっています。
経営理念
  私たちの経営理念は、「お客様第一主義に徹し、自動車を通して社会に貢献し、常に自らを磨き経営効率を高め、依って私たちの幸福を実現する」であり、私たちの事業の最終目的を「幸せの実現」と謳っています。
目指す店舗像
 私たちの目指す店舗像は、お客様にもスタッフにも笑顔があふれる「町いちばんの繁盛店づくり」です。お客様も社員も笑顔になれる、活気と働き甲斐に満ちた繁盛店づくりを目指しています。
「町いちばんの繁盛店づくり」のために

 私たちは、クルマの販売や整備事業を通して、お客様に「私のお気に入り」とか、「巡り合えて良かった」と言っていただける「町いちばんの繁盛店づくり」を目指して参ります。

安全性能、燃費性能、環境性能に優れたクルマを、販売し普及するために


 私たちは、不幸な交通事故を未然に防止し、傷害を軽減するサポカーを販売し普及することで、社会貢献していきたいと考えます。トヨタセーフティセンス(衝突回避支援パッケージ)やICS(踏み間違い時サポートブレーキ)といった安全機能を、お客様にきちんとご提案することを、営業活動の軸に据えています。

 安全性能に加えて、燃費性能、環境性能に優れたクルマを、販売し普及させることも、社会貢献であると考えています。私たちは「非環境対応車」から「環境対策車」への乗り換えを促進することで、二酸化炭素排出の少ない「低炭素社会の実現」を目指していきます。

 また「ウェルキャブ総合展示場」を、2018年5月にユーカー時津打坂に開設しました。ウェルキャブの取り扱いを通して、高齢者や要介護者の方々の介護補助に、お役立ちできればと考えています。

「ハイブリットの森」活動
  
     

 私たちは、クルマを販売する事業者の「社会的責任」として、長崎の豊かな自然を守り、地球温暖化防止に貢献できるように、この活動を続けています。

 私たちは、長崎トヨペットと共同して、2009年より県民の森に隣接する県有林を「ハイブリッドの森」と名付け、HV車の販売台数に応じて基金を積み立て、間伐や作業道造成などの「森林整備」を行っています。この活動には、長崎県より「ながさき協働の森林づくり推進 森林吸収量認証第4号」の認証を受けています。

「冒険県 冒険する長崎プロジェクト」が発足
  
  
     
  

 この長崎は、豊かな自然や歴史文化などの魅力にあふれ、各地に宝が眠っています。私たちは、次世代を担う子供達が、長崎県の新たな魅力を掘り起こし、ワクドキ体験を通して、子供達の豊かな成長を願っています。 私たちは、長崎県知事をはじめとした長崎県と連携して、子供達の「原体験」を育む長崎県中の体験型観光を集めて、「冒険アクティビティ」として紹介しています。長崎県トヨタ4社が企画して、2018年4月から特別協賛しています。

詳しくはこちら

入社1年目の年間行事